kimagre inrash

感想を書きます

ヤマハのドラムセット(DTX432KUPGS)の防音・防振対策をしました

time 2019/06/02

DTX432KUPGS

ヤマハ YAMAHA 電子ドラムセット ドラム椅子・シンバルパッド付属 DTX432KUPGS
ヤマハ(YAMAHA) (2018-07-26)
売り上げランキング: 10,747

妻がドラムセットを買いました。一ヶ月前ぐらいからドラム教室に通っていて家でも練習しようと導入したみたいです。

ウチは一軒家なので、防音・防振対策は必要ないかなと思っていました。しかし、設置場所が3階ということもあって2階の真下の部屋(お風呂場)は振動音がとても大きいことがわかりました。

ゆっくりお風呂に入りたいときにこれでは落ち着けないので、少しでも防振出来ないか対策を考えることになりました。

ディスクふにゃふにゃシステム

ネットを調べると「ディスクふにゃふにゃシステム」という防振方法が出てきました。

その中でも写真多めでわかりやすかった 実録 DFSの作り方 -ありがとうFENDER- さんの記事を参考に構築しました。

用意したものは・・・

  • お風呂マット(幅85x奥行60x厚み2)x 3枚
  • コルクマット(幅30x奥行30x厚み7.8)x 6セット(※こんなに要らなかった)
  • バランスディスク x 2セット
  • コンパネ(幅180x奥行90x厚み1.5)→(幅120x奥行90x厚み1.5) x 1枚

構築

まず、コルクマットを5×5(25枚)で並べます。

その上にお風呂マット配置。

次にヤマハのマット(幅130x奥行140)を配置。

ヤマハ YAMAHA ドラムマット DM1314
ヤマハ(YAMAHA)
売り上げランキング: 1,819

マットの上にバランスディスクを配置。バランスディスクは空気を追加で入れず、購入したままで配置してます。(ある程度入っていたので)

バランスディスクの上にコルクマットを1枚ずつ計4枚載せます。

その上に板を載せます。板はカットしてもらって 幅180x奥行90 → 幅120x奥行90 にしてもらいました。本当は幅120x奥行120を探していたようなんですが、お店を見た限りでは奥行90以上のものがありませんでした。(そういう規格?)

厚みはそこそこ厚くて手頃な値段だった15を選択しました。

最後にコルクマット4×3(12枚)を敷き、完成。結局使ったコルクマットは25+4+12=41枚。5セットあれば十分でした。

まとめ

iPhoneアプリで設置部屋の床に置いて騒音計測。

最大は74.4db→68.4dbまで下がりました。(平均は63.1db→57.0db)ただ、専用機器で調べたわけではないので実際のところは不明。

キックペダルのところにダメ押しでバスタオルを挟んでもらいました。

問題となっていたお風呂場で聞いてみたところ、ほとんど気にならない(聞こえない)レベルにまで出来ました。

あとはこれで数ヶ月運用してみて様子をみる予定です。

前後記事

アーカイブ