kimagre inrash

感想を書きます

改めてプレイ、NEWラブプラス+

time 2018/03/19

NEWラブプラス+

IMG_5434.JPG

初代「ラブプラス」が2009年にNintendoDSでリリース。

そのアッパーバージョンの「ラブプラス+」が2010年。
同じ2010年にiOS向けに「ラブプラスi」がリリース。
当時、iOS製品を持っていなかったのでこのために初代iPad買いました。
その後アーケード版が登場しましたが、近くのゲーセンに入ってなかったので私はプレイせず。
ここまでは順調だったシリーズ。
しかし、Nintendo3DSで2012年にリリースされた「NEWラブプラス」で状況が一変。
致命的なバグ、快適性が損なわれ絶望する彼氏続出。
ゲームがおかしくなる問題はなんとか耐えれましたが、私はそれよりもロードの長さや処理落ちが気になってました。
最終的にパッチがリリースされましたが、完全に修正されず。
その2年後の2014年に「NEWラブプラス+」が登場するものの時すでに遅し。
「NEWラブプラス+」自体はとても出来が良く、私が気にしていたロード周りが完全に解消された”完全版”なのですが、
「NEWラブプラス」でやられた人たちが戻ってくることなく、ほぼシリーズが終了してしまいました。。。
(こんなに簡単にIPを殺せるんだなということがわかった案件でもあります)
なお、間の2013年には「ラブプラスコレクション」なるソーシャルゲームがリリースされてました。
新ヒロイン玲が追加されたものの、全体的なシステムが合わず、すぐ辞めてしまいました。
そして2015年に開発スタッフが退社、ラブプラスプロダクションも解散となり、続編はもうありえない雰囲気が漂ってましたが、
2017年にスマホで「ラブプラスEVERY」を発表。
今年の春頃に復活する予定でしたが、配信延期に。
IP殺しの「NEWラブプラス」も実は一度発売延期してます。
「ラブプラスEVERY」も同じことになってるので若干嫌な予感がしますが、
スマホなのでパッチ当てるのも簡単だし、3DSに比べればスペック全然余裕なので大丈夫だろうと楽観視してます。
(課金システムのほうがヤバそうな予感)
そんなことを思い出していたら、ちょっとだけ振り返ってみたくなったので、現時点でのラブプラス最終バージョン「NEWラブプラス+」を改めてプレイ。

はじめから

nlpp0001.jpg
ラブプラスは初代NintendoDSからずっと引き継いでやっているので、それ以降のバージョンでは「はじめから」やったことがありません。
おそらく一緒だとは思いますが、友達パートの感じも思い出したいので「はじめから」を選択。
nlpp0002.jpg
追加データの作成が必要。
前作「NEWラブプラス」では必須だったと思うけど、「NEWラブプラス+」では任意になったんですね。
今回はそれほど長時間やらないのでなし、でスタート。(後から作ることもできるので)
nlpp0010.jpg
選択肢で家の感じが変わる。

友達パート

nlpp0014.jpg
最初はバイト探す。
てことで寧々さん登場。
荒いけど、3DSよりDS時代のモデルの方が正直好み。
というか真正面の顔がちょっとブス?
nlpp0025.jpgnlpp0030.jpg
その後、愛花と凛子に遭遇。
凛子、図書委員だったけ・・?(全然覚えていない)
nlpp0019.jpgnlpp0020.jpg
ラブプラスは1日の行動を設定してそれに応じて彼氏力(パラメータ)の上げ下げが行われるのが基本システム。
この彼氏力によってイベントが発動したり、実行することができる。
久々にやってみるとこれが凄く面倒くさい・・・!
同じことをずっと繰り返すので飽きも早い。。。
nlpp0034.jpg
デートするようになってくるとちょっと楽しくなってくる。
彼女とイチャイチャするのが目的で楽しいのだから、イマドキにするなら友達パートは思い切ってチュートリアルにしてしまってもっと早く恋人パートに移行できたほうが良さそう。
nlpp0037.jpg
nlpp0084.jpg
当時やってて面白いなて思ったのが、セリフがなくて彼女がこっちを向いて笑ったり、話しかけてる素振りをするシーンがあること。
おそらく作業量的に全ての箇所に異なるシナリオ入れるのは無理なのでこういった演出をとったと思うのだけれど、これが結構良くてゲーム中にはセリフ表示されてなかったけど、こういうこと話したのかな?と妄想できる余地を残してあるところがいい。
nlpp0104.jpg
nlpp0115.jpg
やっと終わった・・
nlpp0130.jpg

恋人パート

nlpp0148.jpg
nlpp0155.jpg
恋人パートのリアルタイムモード。
時間ごとに行動を入力するほか、デートやお出かけなどで行動ポイントを消費。
季節によってイベントも発生するけど、ここからは無限に続いちゃうのでプレイ中断。
nlpp0154.jpg
一緒にゲームで遊ぶことも出来、彼女にコントローラを渡す交代プレイもある。
(ぶっちゃけCPUに変わっただけだけど、彼女がそれっぽい反応をしてくれるので楽しい)

まとめ

今回、友達パートからプレイしましたが、【かなり面倒くさい】。

彼女とデートしたりイチャイチャするところは楽しいですが、それ以外はもう完全に作業です。
当時は気にせずプレイできてたんですが、私自身の環境の変化もあるかもしれません。
(結婚したり、ネコ飼ったり・・)
今から買うなら値段的には定価の6000円ではナシ、中古で3000円だとアリ、2000円ぐらいだとオススメな感じ。
ただ、出荷数が少なかったらしく、中古でも値段はあまり安くなってない模様。
なお、+がつかない「NEWラブプラス」は中古で格安(500円ぐらい)で手に入りますが、いろいろと問題あるのでオススメ出来ません。
DSが現役なら「ラブプラス+」もいいかも。(3DSでもDSのゲームは一応出来る)

EVERYへの希望

Screenshot-2018-3-20 ラブプラス EVERY.png
「NEWラブプラス+」をプレイした感じと「ラブプラスEVERY」の公式サイトのスクリーンショットからゲーム内容を予想。
元々ラブプラス自体がリアルタイムと連動するゲームだったので常に持ち歩いているスマホとの相性はとても良さそう。
基本は「NEWラブプラス+」と同じく、【友達パート】と【恋人パート】になると予想。
これは左下のスクリーンショットに「寧々 出会い」と書いてあることから。
彼女たちが映っている3枚のスクリーンショットを見ると「NEWラブプラス+」とそう変わらなそう。
ラブポイントと呼ばれる愛情ゲージが数値化されたのはわかりやすいかも。
気になるのは左真ん中と右上のスクリーンショット。
よく見ると「カード」という文字が書かれている。
かなり嫌な予感。
イベントシーンがカードとして残る、という程度なら問題ないのですが、「カード合成」や「カード強化」という文字があるところから一般的なソーシャルゲームのシステムを導入していることが予想できます。
(おそらくこのカードがガチャとかなんだろうなあ・・)
カードの効果を見るとパラメータにボーナスが付くタイプっぽいですね。
となるとこういうゲームでありがちな「彼氏力ランキング」みたいなものが出てきそう。
他には「NEWラブプラス+」の恋人パートのリアルタイムモードであった「行動ポイント」がそのままスタミナ制に置き換わるのかなと思ってたけど、現在公開されているスクリーンショットからは確認できず。
【ありえそうな課金予想まとめ】
  • 行動ポイントのスタミナ回復
  • カードガチャ
  • ゲーム内貨幣”リッチ”への交換
    • そのリッチを使って彼女へのプレゼントアイテム購入
冒頭にも書いてたとおり、「ラブプラスEVERY」は課金がヤバそうでちゃんとついていけるかは心配ではあります。
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ