kimagre inrash

感想を書きます

GUILTY GEAR -STRIVE-、入力遅延・インプットラグ検証(v1.00/v1.09)

time 2021/09/15

GUILTY GEAR -STRIVE-の入力遅延(inputlag)を調査しました。
きっかけはコレ。


Ver1.09で公式が入力遅延を軽減したと記載。
どのくらい軽減されたのか知りたい!てことで諸々準備を行い、調査しました。

インプットラグ(inputlag)

Steam

まずは入力遅延がほぼないといわれるSteam版。
@noodalls氏が以前検証したときは約0.7F(ms)という結果が出てて、いやそんなわけないだろうと思ってました。

私の方でも計測したら最頻値1F(平均1F)というほぼ同じ結果が出ました。(解像度は1080pでVsyncはオフ)

ネットワーク同期は大丈夫なのかすごく不思議です。(ロールバック方式を採用してるからなんとかなる?のか?)

PlayStation4

次はPS4版。今回入力遅延軽減の対象外となっていますが、念のため。

まずはv1.00。入力遅延は約4F(4.33F)でした。

次にパッチを適用してv1.09。入力遅延は微増の約5F(4.43F)。誤差の範囲でしょうか。

PlayStation4Pro

続いてPS4Pro。まずはv1.00。入力遅延は約5F(4.59F)。

v1.09は入力遅延が約3F(2.72F)と軽減を確認出来ました。

PlayStation5

PS5は検証に時間がかかりました。
というのもUFBがそのままでは認識してくれないのです。
PS5でも使えるようにするアップグレードキット「UFB-UP5」を入手出来たのでなんとか検証出来ました。

PS5はPS4ディスク版を起動するのにネットワーク認証が必須なのでv1.00を調べることが出来ませんでした。残念。
で、v1.09ですが、入力遅延はなんと5F(5F)でした。まさかのPS4Proより大幅に遅い・・!

先行して調べてくれていた@noodalls氏も同じような結果だったので大きく間違いはないと思いますが・・。

PS4onPlayStation5

PS4版をPS5で動かしたらどうだろう?というのがPS4onPS5。
まずはv1.00で入力遅延は4F(3.98F)。

v1.09では約3F(2.68F)という結果に。PS4Proとほぼ同じ結果ですね。

まとめ


まとめた結果がコチラ。
Steam版が圧倒的最速。VSyncがオフになってるので若干ズルい感じはしますが・・

一方、最新機であるPS5版が一番入力遅延があるという恐ろしい結果に。
PS5版のパッチの中に含めるのをミスった、とか?


バラつきはどんなものか、ということで各フレームの出現率をまとめたのがコチラ。
PS4が若干微増したのが気になりますが、これ以上細かい検証は難しいので誤差の範囲内ということにしておきます。

現状は「PS4Pro」か「PS4onPS5(PS4互換機能で遊ぶ)」のが良さそうです。

なお、入力遅延の検証方法についてはデータベースの方をご覧ください。

GUILTY GEAR -STRIVE- – PS4

posted with AmaQuick at 2021.09.15
アークシステムワークス
アークシステムワークス (2021-06-11T00:00:01Z)
5つ星のうち3.9
¥6,930 (中古品)
GUILTY GEAR -STRIVE- – PS5

posted with AmaQuick at 2021.09.15
アークシステムワークス
アークシステムワークス (2021-06-11T00:00:01Z)
5つ星のうち4.2
¥4,398 (中古品)

追記(2021.09.20)

PS5は入力遅延がある、というハード特性なのかマルチプラットフォームに展開している「テイルズオブアライズ」で検証してみました。

0

前後記事

UFB-UP5 が届きました!
テイルズオブアライズ(Tales of ARISE)、入力遅延・インプットラグ検証