kimagre inrash

感想を書きます

GENKI: ShadowCast が届きました

time 2021/03/13

クラウドファンディングで支援していた「GENKI: ShadowCast」が届きました。(ご時世的なもので遅れるかと思いましたが、早めに届きました)

これはHDMIをキャプチャできるUSB機器。

私は「GC573」を使っているので不要ですが、【別PCや出先で使える】、【比較的安価】であることから支援することにしました。

キャプチャできるのは4K/30fps、1080p/60fpsなど。

支援したのは「ShadowCast (Holiday Special)」。35ドル+送料9ドル、計44ドルで約4800円でした。

パッケージを開けると「DON’T FORGET THE CABLE!」の文字。当たり前ですが、USBケーブルを機器とPCに差さないと使えないのです。

機器を取るとまたも同じ文字。「HDMI差したけど使えないんだけど」というクレーム対策?念入りですね。

マニュアルにはなんと「JP(日本語訳)」もあります。

機械翻訳っぽい感じなのでちょっと変な感じではありますが、読めなくはありません。

機器にHDMIとUSBケーブルを接続すると電源が入って緑に光りました。

とりあえず使うなら「Genki Arcade」をDLして起動すればOK。特にドライバとかはいらない感じ?

OBSでも映像キャプチャデバイスの選択肢に「ShadowCast」が出現しました。簡単。

まとめ

今のところすぐに使う予定はありませんが、安価で簡単に使えるのと予定通り届いたので好印象です。(クラウドファンディングで支援するものは到着が遅れがち)

値段的に初めてのキャプチャ機器にオススメ出来そうな感じです。

0

前後記事

nasneの録画データを退避しよう
ワイヤレスイヤホンWF-SP700Nを紛失、代わりを探そう